出会い系サイトと援交に特化した掲示板やサイトを利用する際の違いとは

shutterstock_421681228-min
援助交際相手との出会いを求める際に、援交に特化した掲示板やサイトを利用する以外に、出会い系サイトを利用するというのも一つの方法だと思います。

「出会い系サイト」は文字通り、出会い探しが可能なサイトです。もちろん、援交目的で利用している成人男女もいますが、援交掲示板やサイトとの違いは一体どういったところにあるのでしょうか。

■利用目的で幅がある

冒頭でも述べましたが、出会い系サイトの利用者は人との出会いを求めています。それがどのような出会いなのかは人それぞれです。

出会い探しの目的は援助交際などのアダルト系、エッチ系の目的であったり、それ以外の友達、恋人、婚活目的で利用する人など様々です。このように「様々いる」という点が一番の差になります。

援交掲示板や援交サイトは「援交」と名が付くだけあって「援助交際」を目的とした男女が集まって、やり取りを重ね、男女互いに合意の下、実際に会って、関係を楽しみます。

しかし、出会い系サイトの利用者は様々いて、利用の目的もその人それぞれです。「どういった目的なのか」、「本当に自分に合った相手なのか」と見極める時間が掛かるといえます。相手のプロフィールを見たり、メールでのやりとりで、相手のことを知る必要があります。

その時間が掛かるというのです。

だから「援助交際」という目的に特化した掲示板やサイトを利用した方が、スムーズに関係が進みやすいといえるのです。

■出会い系サイトには援交募集カテゴリーがある場合も

このように出会い系サイトの利用者は様々いますが、最近の出会い系サイトは、利用者の目的別でカテゴリー分けされていたり、同じ目的の人が集まるコミュニティが作られたりしています。

それを利用したら自分の目的の出会いを見つけやすいです。

しかし、一般の出会い系サイトでは色々と制限がある場合や利用規則が厳し過ぎたり、使ってはいけないエッチな言葉があったりして、本気で援交相手を探している人にとっては窮屈に感じることもあると思います。

また、利用者の意識も変わってくるでしょう。

本気で援助交際を求めている男女は「出会い系サイト」と「援交掲示板、援交サイト」であればどちらを使うと思いますか。

「援交」というイメージが結びつきやすいのは後者の方だと思います。

この記事を読んでいるアナタはどちらを使いますか。実際に援助交際するまでのプロセスに違いはあれど、いずれのものを使っても援交相手との出会いはあると思うので、是非、楽しんでやってみて欲しいと思います。

援助交際 HOME

公開日:

 - 援交掲示板、サイトを利用する