出会いアプリで起こる美人局の危険性とは?

a26f2fcc67a64714e66054541e53eaab_m
援助交際の被害で、美人局(つつもたせ)というものがあります。

それはどういうものかというと、援交目的で女の子とやり取りして、実際会う約束を果たし、その場に到着したら、やり取りしていた女の子とは違う、別の男性が待ち構えていたというものです。

やり取りしていた女の子と約束の場にいる男性は仲間で、援助交際しているということを職場や家族など、周りの人にバラされたくなければ、代わりに金品を要求されるものをいいます。

アプリを使って援交目的の異性と会い、美人局に遭う危険性というのは、どれくらいあるのでしょうか。

■掲示板をチェックする

大抵の場合、ほとんどのアプリに関しての評判は、口コミサイトや掲示板などに掲載されています。
そういったものを覗いてみると、ハンドルネームや年齢、詳しいプロフィールと共に、業者だっただとか、美人局だったというような情報が公開されていることが多いです。

ですから、ちょっとでも危険だなと思った場合には、こういったサイトで名前が出ていないのかをチェックしてみましょう。

■正直判別は難しい

美人局といっても、その方法は数パターン存在します。
行為をする前に男が登場というパターンもあれば、行為が終わった後にホテルの出口で待ち伏せというパターンもあります。

更に行為を終え、その日は大丈夫でも後日妊娠をしたからというパターンだってある。
ですから、美人局かどうかを判断するのは、なかなかに難しい部分があります。

■携帯を頻繁に使っている女は避ける

美人局を見抜く一つの方法として、約束の場所で会ってからホテルに行くまでの道のり、更にホテルに入ってからも、ひっきりなしに携帯を触っている女性には注意です。

今の若い子なら当然だろうと思い放置しておくと、女の子が仲間を呼んでいる可能性もあるのです。
ですから、携帯を頻繁に触っているのであれば、ちょっと周囲を警戒したり、ホテルなどにはすぐに連れこまないのがベストです。

援助交際 HOME

公開日:2015年8月3日

 - 注意する事